老眼症状サプリ

老眼とブルーライト

 

最近、パソコンなどから出るブルーライトを防止するためのメガネが発売されるようになって、眼の健康を考える人たちに重宝されています。では、老眼の人はブルーライト対策用の老眼鏡を使った方が良いのでしょうか?ブルーライトがどんなもので、どのように目に負担なのか、また専用のブルーライト対策用の老眼鏡をかけたほうがいいのかどうなのか、ちゃんと知りたい方も多いと思います。

 

そこで、ブルーライトについていろいろ調べた内容を簡単に下記にまとめてみましたので、参考にしてもらえたらと思います。ブルーライトを含め、すべての光には、長い短いなどの波長があって、その光の波長の長さを、普通はnm(ナノメートル)という単位で表します。この波長の長さは、数字が少ないほど波長が短いことを意味します。ます。

 

大体、380〜780nmの範囲の波長は可視光線(見える光)と言われ、波長がこの範囲より短いと紫外線、長いと赤外線と呼ばれるものになります。有名な紫外線は活性酸素を発生させ、体の細胞を酸化させ老化の原因になると言われ、美容の大敵として名高くなっていますね。

 

この波長の短い紫外線に代表されるように、光というものは、波長が短いほどエネルギーが強く、人体に対して悪影響があるというのです。そしてブルーライトの光は、可視光線の中でも波長が最も紫外線に近い380nm〜500nmで、短い波長は散乱しやすいという特徴があり、私たちの目の中の網膜の手前で焦点を合わせしてしまい、ピントがずれ、ぼやけが起こってしまいます。

 

しかし、私たちの目の周囲にある毛様体筋は、そのぼやけを何とかしてピントを合わせようようと緊張して余計な負担を強いられるため、目の疲れや眼精疲労を引き起こすようになるのです。またブルーライトは、紫外線のように水晶体で吸収されることはなく、網膜までそのまま届き、散乱する光はまぶしさやちらつきを引き起こして網膜への負担が大きくすると言われています。

 

波長の短いブルーライトは、このような目へのリスクがあるため、ブルーライト対策用の老眼鏡もやはり必要なんですね。ブルーライト対策用の老眼鏡を掛けることで、目の負担となるブルーライトを何と30〜40%もカットすることが可能だと言われています。

 

またブルーライトを発するのはパソコンやスマートフォン、テレビ等が代表的なのですが、就寝前にこれらを30分以上見続けるのもよくないと言われています。これによって、脳内で分泌されるメラトニンという眠気を誘うホルモンが、抑制されてしまって、睡眠を妨げて目の活動時間を必要以上に長くしてしまうことが科学的に確認されているからです

 

 

これが、さらに体内時計の乱れと全身のストレス要因となり、さまざまな体調不良の元になってしまいます。こうした理由から、夜はもちろんのこと、日中でもパソコンなどを見る時にはブルーライト対策用の老眼鏡を利用して、ブルーライトのダメージを抑えることが老眼対策には有効にいなってきます。

 

大事な眼ですから、日ごろから注意してケアしてあげ、特に頑張った日は特別に癒してあげるようにして長く付き合っていきましょう。

 

 

老眼と目の痛み

 

よく知られている老眼の症状として、目が疲れる、目の奥に痛みを感じる、目が重い、目がショボショボする、光がまぶしい、目がかすむなどがあります。では、あなたが目が痛いと感じる時、これは老眼でしょうか?もしもあなたが40歳を過ぎていて、継続的に目の痛みがあったり、上記のような症状があれば老眼に差し掛かっているサインです。

 

しかし、こうした症状があってもただの疲れ目と思い込んで、老眼とは気づかずに、何とかなるさと目に負担をかけてしまっている人も多いです。老眼というのは、水晶体の弾力性がなくなり、目のピント調節力も衰えてきて症状が表れるのですが、老眼のなり始めでは、このピント調節力はまだ多少残っているためわかりにくいのです。

 

どうわかりにくいかと言うと、ある程度までは、毛様体筋という筋肉が働いてピント調節をしてくれて、今までと同じように、近くの物を離さず普通に見れているので、わかりにくいのです。しかし、そのためには毛様体筋が非常に頑張らないといけないので、ある時にプツッとその働きが弱くなってしまうのですね。

 

ですから、老眼から目の疲れや痛みが来てもなかなか気づきにくいのです。でも、目の筋肉はこうした症状の中でも疲れ目を通して老眼に気づくようにサインを送っているんですね。この目の疲れや痛みなどが長く続いた場合は、老眼がどんどん進行し、若くして視力や動体視力の低下を引き起こします。

 

そうなってしまう前に、早めに眼科に相談して、対応を考え、合わせて他の眼病予防に努めるようにしましょう。もしも老眼と診断された場合は、目の疲れや痛みを緩和するためにも、早めに老眼鏡を作りましょう。

 

ここで一つ注意なのですが、老眼鏡をかけると老眼が進むと思っている人が多いのですが、そんなことはありません。むしろ老眼が進まないようにするために、目の保護のためにも老眼鏡を使用したほうがいいのです。まずは目への負担を減らすこと、その上で改善の対策をとっていくのが最良です。

更新履歴